2017年07月30日

自作アルコールストーブの燃焼テスト

昨夜、自作アルコールストーブNO11〜14の燃焼テストを実施しました。
IMG_5585-2f6b6.JPGIMG_5588-b5628.JPG

IMG_5590.JPGIMG_5591.JPG

IMG_5593.JPGIMG_5597.JPG

IMG_5602.JPGIMG_5603.JPG
四台とも燃焼テスト成功です。
IMG_5607.JPG

posted by TOM at 20:17| Comment(0) | アマゴ・岩魚釣行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

アルコールストーブの製作

IMG_5513.JPGIMG_5524.JPG
アルコールストーブは昔、理科の実験に使われいたアルコールランプの改良型でキャンプ活動だけでなく、災害時のストーブとして活用できる優れモノらしい。
IMG_5569.JPG
私は7月19日にコーヒーの空きアルミ缶二個とドリルとダイヤモンドヤスリとカッターナイフと金属ハサミとラジオペンチでTOMストーブ一号器を作り始め、一週間で500ml/250ml/135mlの缶ビールや発泡酒アルミ缶などで10号器のストーブを製作しました。
IMG_5571-df765.JPG
IMG_5573-362c1.JPG
3号器の製作からは38mmの穴空け器(ホールソー)と自作で30mmと35mmのアルミ缶カッターを準備した。
アルミ缶カッター(自作)
IMG_5575-6042d.JPG
樹脂カッターの替え刃とカッターナイフの替え刃をネジ止めした。

posted by TOM at 09:41| Comment(0) | アマゴ・岩魚釣行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自作 ソロ ウッドガスストーブ

百均のダイソーで購入した材料出かけたソロウッドガスストーブを製作しました。
天ぷら用のオイルポット 150円
大きめの金属製灰皿       150円
天ぷら用かき揚補助器    150円
を購入して作業開始です。
ソロウッドガスストーブは空気の取り込む穴を開けた内筒(灰皿)と外筒(オイルポット)で二段燃焼させる構造のストーブであり、かき揚補助器の一部をカットした五徳を缶の上に置く。
釘とドリルとダイヤモンドヤスリと金属サンドペーパーを用いて大小の穴を開けたり、金属ハサミと缶切りで蓋や底板をカットしていく。
一番時間をかけたのは穴あけや切り口のバリ処理であり。安全を確保した。
IMG_5511.JPG
IMG_5509.JPGIMG_5508-b4015.JPG
燃焼テストが未完なので、早急に実施したい。
鮎釣りにストーブを持参しても燃焼テストをする余裕がなかなか出来ない。
posted by TOM at 07:22| Comment(0) | アマゴ・岩魚釣行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする