2017年05月21日

2017年05月17日

5月15日 野迫川釣行 NO4(2)

5月15日
午前中は19cm程の岩魚2匹とリリースサイズの小さなアマゴ2匹のみの釣果に終わり、12時前に昼食をすませて納竿しようかと悩んでいたら、昨日から泊まり込みの年配者が釣れませんねと話しかけてきた。二日間で9匹の釣果だと言っていた。日曜日は水量も多く7匹釣り上げ、15日は2匹のみだとぼやきながら下流の方に下っていった。
昼食後、再度川虫を調達して檜股の方にポイントを変えて釣行を再開した。
IMG_5397.JPG

IMG_5383.JPG

IMG_5403.JPG
泡のポイントを攻めて14時まででやはり岩魚2匹とアマゴ1匹釣り上げて納竿とした。
15日も銀龍草のポイントチェックをした。
花は蕾から開花していた。花の数も増加していた。
IMG_5387.JPG

IMG_5388.JPG

IMG_5390.JPG
釣り上げた4匹の岩魚と1匹のアマゴは一夜干しにして知人にプレゼントした。

IMG_5407.JPG
posted by TOM at 11:38| Comment(0) | アマゴ・岩魚釣行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

5月15日 月曜日 野迫川釣行NO4

13日の梅雨前線による大雨に期待して出漁した。
IMG_5381.JPG
今回は放流されていない最上流部に入った。
水量は5月11日と比べ少し多い程度だが濁りはなく川底が確認できるので非常に釣り辛い。流れによる水泡の中を川虫とぶどう虫で挑戦を開始した。
IMG_5394.JPG
入渓して直ぐに浅くて流れの中の大石の裏にぶどう虫を放り込むと目印がツーと走り、合わせると19cmのイワナが釣れた。
IMG_5372.JPG
次の浅瀬の泡の中に川虫を放り込むと、大きさが川虫と比べ差がない4cm位の小さなアマゴが口いっぱいに川虫と釣針を頬張り上がってきた。いつ見てもアマゴの稚魚は綺麗である。優しくリリースした。
更に浅瀬の水泡狙いで釣り上がるとやはり18cm程のイワナが釣れた。18cmのイワナはアマゴに比べて、針係りから動き回り竿も大きく曲げてくれるので意外と楽しい。しかし、私は食べるとアマゴの方が美味しいと思う。
IMG_5369.JPG

posted by TOM at 07:16| Comment(0) | アマゴ・岩魚釣行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする