2017年10月29日

自室のタナゴ竿掲示用竿掛けも作りました。

今回製作したタナゴ竿3本の他に七本のタナゴ竿も展示しました。
自室で10本のお気に入りのタナゴ竿を眺めるだけで嬉しくなる。
IMG_5816.JPG
今回製作した竿掛けの掛けピンには過去に私が集めていたタモ網の根付用の枝木と木工楽鑑用の枝木も使用した。
IMG_5833.JPGIMG_5838.JPGIMG_5837.JPGIMG_5836.JPG

IMG_5835.JPG
posted by TOM at 20:19| Comment(0) | アマゴ・岩魚釣行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自作タナゴ竿3本の藤巻きとカシュー処理(計6回目)

3本のタナゴ竿の手元にはちょっと高めの藤巻きを施し、二種類のカシュー処理で仕上げた。
IMG_5832.JPGIMG_5831.JPGIMG_5830.JPG
特に手元には3本共に気合いを込めたつもりです。
IMG_5829.JPG
IMG_5828.JPG
posted by TOM at 20:12| Comment(0) | アマゴ・岩魚釣行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

タナゴ竿の二・三番継竿の選定と穂先処理

アマゴ野迫川釣行時に採取して、火入れ処理した高野竹から太さを考慮しながら、数本の高野竹の中からノギスで内径と外径を測定し、二・三番継竿と穂先を選定した。
IMG_5792.JPG
次工程は竿元の長さに合わせて切っていく。更に電熱器とハンダコテとタガを使い、2回目の火入れ処理をする。そして、継竿の挿し込み口をマスキングテープで養生して電動ドリルとヤスリとノギスを使って内筒を削っていく。
IMG_5812-afe3b.JPGIMG_5814-5c9eb.JPG
IMG_5796-d69cd.JPG
IMG_5793.JPG
posted by TOM at 07:50| Comment(0) | アマゴ・岩魚釣行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする